妊娠の症例

PCOSは胃腸を整え、不安を解消

39才 奈良県

治療経歴=人工授精、体外受精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴4年。
第二子妊娠希望。
第一子を体外受精2回目で授かり、出産。
第一子が1歳10ヶ月から、第二子妊活を開始するが妊娠に至らず。

不妊治療歴 約2年
治療内容 人工授精3回、体外受精(採卵2回、移植3回)
婦人科系の症状 多嚢胞性卵巣症候群、生理不順、経血の色はどす黒く、量が少ない。
体調 女性:疲れやすい、貧血、肩こり、頭痛、胃潰瘍、胃酸過多、イライラしやすい、気分が落ち込みやすい
男性:医学的所見なし

漢方治療について

高校生の頃から生理が周期的に来ることはありませんでした。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、漢方的には主に「血」「水」の滞りやすい体質のうえに、「腎虚」による卵胞の発育不調が重なった状態です。
このケースでは、体質的な胃腸虚弱が、血液不足と水分代謝の停滞を招いていると考えられます。
漢方薬による体質改善では、まずは胃腸を整えることが大切ですが、精神的な不安定さも大きく影響しており、リラックスして相談できる時間をつくることも必要なかたです。

服用したもの 女性:漢方薬調合3種類

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

胃腸の調子が良くなりました。
不妊治療の最終周期の生理から37日目ですが、自力での生理は来ていません。

<1ヶ月半目>

妊娠検査薬で陽性が出ました。
初めての自然妊娠です。

<2ヶ月目>

今朝から出血があり、受診したところ、流産になりました。
残念というより、自然妊娠できた驚きと今後への期待の気持ちが強いです。

<5ヶ月目>

流産後初めての生理が来ました。
経血量は多くはありませんが、少なすぎる感じもなく自然です。

<9ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 9ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

自然妊娠に喜ばれたものの、第一子は不妊治療、第二子も一度の流産があったことから、妊娠中は不安が大きく、妊娠中期以降は精神的に不安定な状態が続くこととなり、頻回のカウンセリングと精神的バランスを整えるための漢方薬を必要とされました。
妊娠中の心身の支えとしてご活用いただくことで、落ち着いて出産を迎えるに至りました。

前ページに戻る