妊娠の症例

夫には気を補い、妻には血流改善

31才 奈良県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方とタイミング療法

患者様について

不妊歴3年。第一子希望。プロラクチンがやや高めである以外は特に問題はないと病院でも言われているので、体を整えればうまくいくのではという考えでご相談に来られました。

不妊治療歴 1年
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状  
男性の状況 精子の運動率が低い
体調 女性:肩こり、イライラしやすい
男性:ストレスが多い

漢方治療について

気の巡りが悪くなっているのを漢方で改善し、血流を良くしていくということを考えます。
男性側の運動率は、気を補う漢方を服用することで高めていきます。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠
男性:そのほか漢方薬1種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

肩こりが少しましということでした。

<服用3ヶ月目>

基礎体温のガタガタがなくなってきたということでした。

<服用6ヶ月目>

ご主人の運動率も良くなったとのことでした。

<服用13ヶ月目>

妊娠報告を受けました。

妊娠までの漢方服用期間 13ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方とタイミング療法

その他(備考・特記事項など)

仕事によるストレスから、プロラクチンも高めになり、基礎体温も乱れがちなケースはたくさんあります。特に漢方とカウンセリングでストレスを軽減され、前向きになられました。漢方で気血の巡りが良くなったことで、基礎体温も整い、妊娠に至られたと考えられます。

前ページに戻る