妊娠の症例

短期間に採卵を重ねるダメージも

43才 岐阜県

治療経歴=タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴6年。第一子希望。夫婦とも医学的な不妊原因もなく、できる限りの治療にも取り組んだ結果、妊娠に至らないので、これ以上不妊治療を続けることよりも、自分自身の体もより健康になれる漢方を選択しました。

不妊治療歴 4年
治療内容 タイミング療法1年、人工授精12回、体外受精2回、顕微授精2回
婦人科系の症状 生理周期25~30日、経血少量
男性の状況 医学的問題なし
体調 女性:疲れやすい、めまい、アトピー、胃もたれ、冷え性(手・足・体)、軟便になりやすい

漢方治療について

夫婦関係に問題がないのに妊娠に至らない理由として、医学的な不妊でない場合には、体質や体調の問題を解決することでうまくいくケースがあります。女性の体質として、お腹の力が弱くて血液が十分に足りていないために、冷えや月経周期に影響しているようです。漢方ではお腹の働きを整え血液を補って、卵巣機能や子宮の状態を高めることを目的とします。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠、漢方薬調合2種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

不妊治療中は漢方という方法を考えたことがなかったですが、飲み始めてみると体にしっとりとなじんでいく感覚がとても気持ちがいいです。カウンセリングでの細かい解説がわかりやすく、安心できます。

<服用2ヶ月目>

体が冷えにくく、元気になった気がします。

<服用6ヶ月目>

明らかに生理の量が増えてきました。
長年の体質が改善されるのを感じます。

<服用13ヶ月目>

体調が安定して、今年の冬は風邪もひかずに過ごせました。
焦りはありますが、夫婦が元気でいることが大切だと感じています。

<服用18ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 18ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

短期間で採卵を重ねると、採取できる個数や状態が低下することがあります。
体力の回復とともに、もともとの体質を改善していきながら、ご夫婦の気持ちがぶれずに取り組まれたことが、よい結果につながったと思われます。

前ページに戻る