妊娠の症例

病院ではなく漢方で目指した妊娠

42才 香川県

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴2年。第一子希望。女性が40歳で結婚し、強く妊娠を希望するわけではなかったが、年齢とともに妊娠の確率が低くなることを知り、積極的に妊娠に向けての体質改善を希望されています。

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状 生理痛、不妊検査していない
男性の状況 不妊検査していない
体調 女性: 疲れやすい、冷え性(足)、肩こり

漢方治療について

日常の健康状態として不調はなく、年齢とともに変化する体力や血行不良を整えて妊娠しやすい状態に整えることが漢方服用の目的です。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

疲れにくくなり、元気になりました。

<服用3ヶ月目>

2回連続で生理痛が軽くなり、漢方の効果を実感しています。

<服用5ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

なかなか不妊クリニックには気がすすまず、自然妊娠を希望されるご夫婦もあります。漢方では、体力を補ったり、内臓の働きを整えたりすることにより妊娠を目ざす体に整えていきます。
一定期間、漢方で体調を整えるとともに、念のために医学的な不妊原因の有無について検査を受けられると、より対策もしやすくなります。

前ページに戻る