妊娠の症例

胃腸の働きを支えて体調の回復を

38才 東京都

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴3年。第一子希望。2年前に自然妊娠しましたが、稽留流産になり手術を受けました。その後半年経っても基礎体温がガタガタして生理周期も回復しないため、漢方で体調を整え、次回の妊娠に備えたいとのご相談です。

不妊治療歴 1年
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理周期遅延(40日程度)、生理痛、経血に塊あり、流産1回
男性の状況 医学的問題なし
体調 女性: 冷え性(足)、頭痛、肩こり、腰痛、口渇、爪が割れる、軟便になりやすい

漢方治療について

前回の妊娠時は仕事が忙しく、ストレスからの下痢が続く中で流産になってしまいました。もともとお腹が弱い体質であり、ストレスがかかると下痢をします。流産をきっかけに心身共にバランスを崩したままのご様子です。
漢方では気力体力を補い、胃腸の働きを支えて体調の回復を目指します。

服用したもの 女性:漢方薬調合3種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

漢方薬の服用を開始して3日目に映画館へ出かけましたが、明らかに手足が冷えにくい状態になっている、と感じました。
さらに、数日が経過する頃には、お腹の調子が明らかによくなりました。

<服用2ヶ月目>

体のだるさが解消していることに気づきかれました。
生理前の不正出血が起きなくなりました。

<服用3ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 3ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

体力的にも精神的にも無理を重ねている中での妊娠・流産であったため、流産後の体調の回復もなかなか進まなかったのではないか、と思われます。
お腹の弱い体質の方は流産や不正出血しやすい傾向にあるので、妊娠中もしっかりと補っていくと安心です。

前ページに戻る