妊娠の症例

最後の胚移植に臨む前に、漢方で

37才 兵庫県

治療経歴=体外受精、顕微授精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と体外受精

患者様について

不妊歴5年。第一子希望。男性は、ほぼ無精子の状態であり、今後あらたに採精することができず、現状の中で最後の凍結胚移植に向けて体調を整えたいとのご相談です。

不妊治療歴 3年
治療内容 体外受精1回、顕微授精2回
婦人科系の症状 子宮筋腫、流産2回、不育症
男性の状況 無精子症
体調 女性:冷え性(手・足・おなか)

漢方治療について

着床しやすい環境づくりに必要な子宮内膜の状態の改善に向けて、血流を整え厚さを補っていくことを漢方治療の目的とします。
漢方的には「瘀血」の体質が医学的な不育症の要因のひとつとも考えられますので、血液浄化も大切なポイントになります。

服用したもの 女性:漢方薬調合2種類、そのほか漢方薬1種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

移植前と移植後に分けて必要な漢方薬を服用し、安心して過ごせています。

<服用2ヶ月目>

妊娠判定陽性、心拍確認後も順調です。

妊娠までの漢方服用期間 2ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と体外受精

その他(備考・特記事項など)

すでに移植のスケジュールが決まっており、今回を最後に不妊治療を終了するという状況でしたが、体質的な部分にアプローチする漢方薬の特性が生かされたと考えられます。
また、過去に2回の流産があり、不安が大きい中、漢方薬を服用することによる安心感も得られたようです。

前ページに戻る