妊娠の症例

早い妊娠で卵巣嚢腫の手術を回避

39才 奈良県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴3年。第一子希望。結婚前に卵巣嚢腫の治療のためにピルを3年間服用していましたが、改善がみられず、結婚を機に停止しました。6か月後に手術の予約をしており、妊娠し手術も回避したいとのご相談です。

不妊治療歴 4ヶ月
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理痛、卵巣のう腫(6cm)、左卵管狭窄、経血量が少ない
男性の状況 医学的問題なし
体調 女性:貧血、冷え性(手・足・おなか)、便秘、爪が割れる、下痢しやすい、軟便になりやすい、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い、仕事が忙しい

漢方治療について

卵巣嚢腫、卵管狭窄、生理痛など、漢方的には「瘀血」の程度が強いと考えられ、また、ご本人様も期限を決めてできるだけ早く妊娠を目指したいとのご希望もあり、処方内容を追加し、積極的に体質改善を進めました。
タイミング療法でクロミッドを服用した2周期で排卵が起きず、体に無理をかけない治療として漢方はおすすめできるものです。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠、漢方薬調合1種類、そのほか漢方製剤1種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

漢方薬を飲み始めて数日後から朝起きるのがしんどくなり、体のだるさが続きました。排卵は遅れましたが、自然排卵がありました。

<服用2ヶ月目>

飲み始めて1ヶ月頃から体のだるさが解消し、むしろとても元気になしました。
夏場のクーラーにも冷えにくく、手足が冷たくならないのがうれしいです。
オリモノが増え、高温期と低温期のメリハリがはっきりしてきました。

<服用3ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 3ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

体調が良くなるのに合わせて、妊娠力も高まるご様子でしたが、仕事が忙しくストレスも多いので、安胎薬をしっかりと服用されています。

前ページに戻る