妊娠の症例

体外受精を休み月経周期を整えて

39才 兵庫県

治療経歴=体外受精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴4年。第一子希望。ご主人が長期の出張で数か月ごとに帰宅する生活。少ないチャンスを生かしたいと体づくりを希望されています。

不妊治療歴 2年
治療内容 体外受精3回
婦人科系の症状 生理不順、生理痛、子宮内膜症、黄体機能不全
男性の状況 医学的問題なし
体調 女性:疲れやすい、貧血、冷え性(足)、便秘、落ち込みやすい、ストレスが多い

漢方治療について

男性が留守がちであることに加え、女性は生理不順であるため、なかなかタイミングをはかることが難しい状況です。
来るべきチャンスに向けて、女性は生理周期の安定を目ざして血液循環の改善と、ホルモンバランスの安定を目標に桃福宝を選択されました。 男性も医学的な不妊条件はないものの、不規則な仕事に疲れを感じるため、体力補強の目的で服用されました。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠
男性:桃福宝 黒珠

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

足の冷えが気にならなくなり、疲れにくくなりました。

<服用3ヶ月目>

生理が順調に来ています。生理痛も鎮痛剤を飲まずに過ごせるようになりました。2か月ぶりにご主人が帰宅予定ですが、今回はタイミングが合いそうにありません。

<服用6ヶ月目>

生理周期は安定してきました。
体調は良いですが、なかなかタイミングが合わず、気持ちが焦ります。

<服用9ヶ月目>

妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 9ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

タイミングが難しいことから、体外受精を重ねているご夫婦でしたが、ご主人が不在の中で女性が全面的に妊活を担っているという状況は、結果に至らない期間が延びるほどストレスが大きくなり、いったん通院を休み、ご夫婦で協力して前向きに取り組めることとして、漢方を選ばれました。
ご夫婦の協力が実っての妊娠だと感じました。

前ページに戻る