妊娠の症例

不規則な生活は妊娠力低下を招く

38才 埼玉県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴2年半。第一子希望。生理不順。看護師で夜勤があり不規則な生活。胃もたれや便秘も気になるので、体調を整えるため漢方服用をご希望。

不妊治療歴 あり
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理不順
男性の状況 検査していない
体調 女性:疲れやすい、冷え性(足)、便秘、肩こり、腰痛、ストレスが多い

漢方治療について

不規則な生活リズムは自律神経の不安定さを招き、継続的な睡眠不足から慢性的な疲労感がみられます。
気の巡りを整えて自律神経を安定させるとともに、体力の不足を補い生理周期を順調にしていくことにより、便秘や冷え性などの原因である瘀血体質の改善をめざします。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

定期的なカウンセリングはありませんが、服用ペースを守ってきちんと服用されました。

妊娠までの漢方服用期間 10ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

仕事上、不規則な生活で積極的な不妊治療を行うことが難しく、今後について悩んでいる方は少なくありません。
まずは、体力の消耗やストレス、健康面での不調など、妊娠力低下のサインを見逃さず、本来の妊娠力を回復することが大切です。

前ページに戻る