妊娠の症例

カウンセリングで深めた夫婦理解

28才 奈良県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴1年。第一子希望。排卵が不定期で、不妊クリニックにてクロミッドを服用しながらタイミング療法を受け、妊娠されましたが、子宮外妊娠になり手術しました。術後の回復と次回妊娠に向けての体づくりに漢方を希望されています。

不妊治療歴 半年
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理不順、生理痛、多のう胞性卵巣、子宮外妊娠1回
男性の状況 医学的問題なし
体調 女性:疲れやすい、風邪をひきやすい、貧血、花粉症、アトピー、ぜんそく、胃もたれ、冷え性(手・足)、便秘、肩こり、腰痛、午前中つらい、イライラしやすい、ストレスが多い
男性:疲れやすい、ストレスが多い、軟便、アトピー、寝汗、イライラしやすい、落ち込みやすい、肩こり、腰痛、高血圧、痛風

漢方治療について

子宮外妊娠の治療後の精神的なケアと体調の回復のご相談から始まりました。
自力での排卵と次回妊娠への不安が強く、また各々が努力したい気持ちが強いのに、ご夫婦間の理解に相違があり、互いに気を遣い過ぎて、相手への想いを抱え込んでいました。
妊娠に向けて排卵や着床環境を整える目的で漢方薬を調合するとともに、ご夫婦の相互理解を深めるためのカウンセリングに力を注ぎました。

服用したもの 女性:漢方薬調合3種類、そのほか1種類
男性:漢方薬調合2種類、そのほか1種類

漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>

子宮外妊娠治療後の生理が来ていないので、体力の回復を中心とした漢方処方で対応しています。
これから先への不安が強く、精神的に休まることがないご様子です。

<服用2ヶ月目>

生理はこれまでにない量の多さと期間も長かったです。
手足の冷えがかなりましになっている実感があります。

<服用3ヶ月目>

生理は2週間遅れてきました。
基礎体温は全体的にガタガタして、排卵日はわかりません。
生理前のイライラ、はきけ、めまい、便秘がひどいです。

<服用4ヶ月目>

ストレスを強く感じているご様子があり、カウンセリング時に徹底的に話し合うことにしました。
ご夫婦が互いを思いやる気持ちが強いからこそ、かみ合わない部分があることがわかり、本心から理解し合うことができました。

<服用5ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

ご相談時には、率直なご質問をくださり、ご夫婦の理解がかみ合った周期での自然排卵、自然妊娠でした。
互いにストレスを抱え込みやすいタイプなので、理解し合うためにカウンセリングの場がよいきっかけとなりました。

前ページに戻る