喜びのお便り

妊娠にたえうる体ではなかった

42歳 大阪府

治療経歴=タイミング、人工受精、体外授精

漢方服用で妊娠

今までの治療経験

タイミング・人工受精・体外授精

体験談

はじめて一陽館薬局にお伺いしたとき、先生に、不規則な仕事で睡眠時間も短く、命をけずっているようなものだとご指摘をうけ、それ以前から迷っていたので、先生に背中を押していただいた気がして、ようやく退職する決心ができました。睡眠はもちろんのこと、ウォーキングというほどではないですが、自転車をなるべく使わず歩くようにしたり、アルコールも控えました。
毎月、毎月“ふりだし”に戻って、心が折れそうになったこともありましたが、少しずつ体が整ってきていると励ましていただき、先生の「2月くらいに妊娠する人が多い」というお話どおり、無事、3月に母子手帳を手にすることができました。本当にありがとうございました。おかげ様で息子は8ヶ月になります。ご報告が遅れ申し訳ありません。

妊娠を望んでいる方に向けてのメッセージ

一番はじめに、先生の「妊娠するのに、たえうる体ではない」というお言葉が、今も強く心に残っています。妊娠するのはゴールではなく、妊娠を継続していくこと、出産すること、そして出産でダメージを受けた体で24時間体制の育児もしてみて、その言葉の意味を痛感します。
体を土台から整えて、おひとりでも多くの方が希望を叶えられますように。

※コメント等は、個人的な感想によるものであり、実感には個人差があります。

前ページに戻る