着床障害(子宮の状態と着床に影響するもの)

子宮内膜症・卵巣チョコレート嚢腫について

子宮内膜症の病態

子宮内膜とは、授精卵の着床のために子宮腔内に作られる、赤ちゃんのための血液のベッドのようなもの。このベッドは、着床しなかった月には体外に排出され、これを月経といいます。子宮内膜症とは、子宮にあるはずの内膜が、子宮以外の場所に存在し、広がっていく病症です。卵管などで癒着が起きると卵管性不妊の原因となり、卵巣に発生(チョコレート嚢腫)すると卵胞の発育を妨げ不妊の原因となることがあります。

子宮内膜症の症状

内膜症のある場所・大きさ・癒着の程度により異なりますが、月経痛は内膜症の進行とともに悪化・月経不順・不正出血・性交痛・排便痛・腰痛などがあります。月経痛は、月経開始数日前から2日目頃に強くなり、月経出血のピークを過ぎると治まっていきます。経血量は多め、月経期間は長めの傾向があります。

子宮内膜症の原因

西洋医学的には、月経血の逆流や遺伝的または免疫的な因子が作用しているといわれています。また、体腔上皮が子宮内膜組織へ化生する可能性も示されています。子宮内膜症は、リンパ液や血行によって内膜組織が運ばれると、肺(血痰)や腸(下血)など子宮以外でも発生します。

子宮内膜症に対する西洋医学での治療法

患者の年齢、症状の程度、妊娠希望の有無、などを考慮し治療方針が決められます。薬物療法には、鎮痛剤などによる対症療法、ピルなどを服用するホルモン療法があり、腹腔鏡手術や開腹手術も行われます。

子宮内膜症に対する漢方での対応

痛みの部位、痛みの強度、痛みの性質、どのような時に痛むか、などにより漢方の治法が異なります。 漢方では、人間のカラダを構成する基本的な要素「気・血・水」のバランスが崩れることが、健康状態を左右すると考えます。それは、子宮内膜症にも当てはまり、「気・血・水」のうち、「血」の巡りが悪くなる、「お血(おけつ)=血行不良」の状態であることが深く関係しています。 お血の状態になると、さまざまな体の機能に悪影響を及ぼします。特に子宮・卵巣はお血の影響を受けやすく、子宮内膜症のほか、排卵障害や生理不順、人によっては子宮筋腫、卵巣嚢腫、などの原因にもなります。子宮内膜症は、骨盤内のお血(血行不良)が最大の要因と考えられます。お血を起こす原因を漢方薬で改善していくと、月経痛が軽減し月経の状態に良い変化が見られます。結果として不妊症の改善にもつながることが期待できます。

子宮内膜症と不妊と漢方

基礎体温の特徴として全体的にギザギザした形で、低温相が高く高温期との温度差が小さい傾向にあります。また、排卵期の高温相への移行が停滞(階段状に上昇)し、高温期の日数も少ない傾向にあります。 漢方相談の際には様々な情報から状態を見極めて、適切な漢方薬を服用します。子宮内膜症だけが不妊症の原因というのではなく、いくつもの要因が重なっていることも多く、また体質だからとあきらめている症状も含めて「ホルモン・自律神経・代謝」を整えることが不妊症の改善へとつながります。

子宮腺筋症について

子宮腺筋症の病態

子宮内膜症の一種で、子宮内膜組織が子宮筋層内に紛れ込んだ状態。子宮内膜症と同様に月経周期に合わせて子宮内膜組織が増殖・剥離を繰り返すものです。

子宮腺筋症の症状

ひどい月経痛。月経過多。月経期間は延長傾向。

子宮腺筋症に対する西洋医学での治療法

子宮内膜症と同様に、患者の年齢、症状の程度、妊娠希望の有無、などを考慮し治療方針が決められます。 薬物療法には、鎮痛剤などによる対症療法、ピルなどを服用するホルモン療法があり、子宮全体に広がり硬くボール状となったものは子宮全摘出となる場合もあります。

子宮腺筋症に対する漢方での対応

痛みの部位、痛みの強度、痛みの性質、どのような時に痛むか、などにより漢方の治法が異なります。 漢方では、人間のカラダを構成する基本的な要素「気・血・水」のバランスが崩れることが、健康状態を左右すると考えます。それは、子宮内膜症にも当てはまり、「気・血・水」のうち、「血」の巡りが悪くなる、「お血(おけつ)=血行不良」の状態であることが深く関係しています。 お血の状態になると、さまざまな体の機能に悪影響を及ぼします。特に子宮・卵巣はお血の影響を受けやすく、子宮内膜症や子宮腺筋症のほか、排卵障害や生理不順、人によっては子宮筋腫、卵巣嚢腫、などの原因にもなります。 子宮内膜症や子宮腺筋症は、骨盤内のお血(血行不良)が最大の要因と考えられます。お血を起こす原因を漢方薬で改善していくと、月経痛が軽減し月経の状態に良い変化が見られます。結果として根本的な子宮腺筋症の改善と不妊症の改善にもつながることが期待できます。

子宮腺筋症と不妊と漢方

子宮腺筋症への漢方的な対処は、基本的には子宮内膜症の場合と同様です。 発生場所や大きさによっては着床障害の原因となり、子宮全体に広がっている場合には妊娠が困難な場合があります。さらに妊娠した場合にも流産の確率が高くなるので、漢方薬によるサポートが効果的です。

子宮筋腫・子宮内膜ポリープについて

子宮筋腫の病態

子宮の筋層内に発生する良性の腫瘍で、30歳代から40歳代の女性の約30%に子宮筋腫があるといわれていますが、悪性化することはまれで0.5%以下といわれています。子宮筋腫は筋腫のできる場所によって次の3種類に分類されています。 ・筋層内子宮筋腫 ⇒子宮の厚い筋層にできる筋腫で、子宮筋腫全体の約70%が該当します。 ・漿膜下子宮筋腫 ⇒子宮の外側を覆う漿膜下にできる筋腫で、子宮筋腫全体の10~20%が該当します。 ・粘膜下子宮筋腫 ⇒子宮の内側の粘膜下にできる筋腫で、子宮筋腫全体の5~10%が該当します。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の多くは無症状ですが筋腫の大きさや部位によってかなり違います。 婦人科の検診時や妊婦検診時に偶然見つかる事が多いですが、一般的に子宮筋腫の症状でもっとも多いのが、月経の変化です。特にその量が増えます。そして、月経の量が増えると、貧血をおこしやすくなります。また、子宮筋腫が成長、大きくなると膀胱を圧迫することがあり、その時は頻尿になります。直腸を圧迫すると便秘になり、背部で骨盤の神経や血管が圧迫されると腰痛の原因にもなります。さらに、筋腫が子宮内腔や卵管を圧迫して、不妊となる場合もあります。 特に子宮筋腫と子宮内膜症、子宮腺筋症の合併例は多く、月経困難症の合併をみることもあります。子宮内膜症の合併は約20%です。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の医学的原因は不明ですが、生まれつき持っていた筋腫の芽がホルモン分泌の影響で増殖するなどともいわれています。冷えや血行不良などが筋腫を悪化させる要因にはなりますが、なぜ筋腫が発生するのかは明確ではないようです。 漢方では、子宮筋腫も子宮内膜症と同様、「気・血・水」のバランスが崩れて「血」の巡りが悪くなり、「お血(おけつ)=血行不良」の状態となることが深く関係しています。血行不良が続くと、さまざまな体の機能に悪影響を及ぼします。特に子宮・卵巣はお血の影響を受けやすく、子宮筋腫のほか、排卵障害や生理不順、人によっては子宮内膜症、卵巣嚢腫、などの原因にもなります。

子宮筋腫に対する西洋医学での治療法

患者の年齢、症状の程度、妊娠希望の有無、などを考慮し治療方針が決められます。 治療は手術療法とホルモン療法の2つが主です。一般に子宮筋腫は閉経後には縮小するので、日常生活に特に支障がない場合や更年期の時期の人などに対しては、経過を見て手術をしない場合もあります。ホルモン療法は筋腫が大きく症状が重い場合や、手術前に出血を抑える場合に行われます。脳の下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌を抑え、排卵を一旦止めることによって筋腫の縮小や症状を改善します。日本の一般的なホルモン療法では、GnRHアナログという薬を皮下注射するか、点鼻薬で摂取します。副作用が強く、のぼせ、ほてり、肩こり、頭痛、不眠、動悸、発汗、うつ状態、肝機能障害、めまい、膣の乾燥など、更年期障害のような症状が表れることがあります。また、エストロゲンの減少によって骨密度が低下すると骨粗鬆症になることもあります。 このような副作用が非常に強い場合には、女性ホルモンを少量摂取することや、漢方薬を服用するなどの対応がされます。 エストロゲン(卵胞ホルモン)依存性の疾患として、ほかに乳腺症、乳癌、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、子宮体癌などが知られています。

子宮筋腫に対する漢方での対応

漢方薬の治療が適しているのは、にぎりこぶしの大きさくらいまでであり、それ以上大きいものは外科手術で取り除くことになる場合があります。 漢方では、骨盤内の血行不良(お血)を改善します。 「お血」には、寒凝血お(かんぎょうけつお)、気滞血お(きたいけつお)、気虚血お(ききょけつお)などの種類があり、お体の状態や症状によって必要となる漢方薬も異なります。 漢方薬で血行を改善すると、子宮筋腫の主な症状である過多月経、月経困難症はかなり改善され、また、骨盤内の血行不良が解消されることで筋腫のそれ以上の増殖の抑制や不妊の改善も期待できます。

子宮筋腫と不妊と漢方

子宮筋腫の発生場所が内膜に近いほど着床障害や流産の原因となります。 子宮にある病変によって子宮内膜が損なわれ、着床できなくなるものを子宮因子による着床障害といい、不妊患者の15%を占めます。子宮筋腫があっても妊娠し無事に出産される方もたくさんいらっしゃいますが、放置すると悪化したり、手術をしても再発したりすることもあるので定期的にチェックされると安心です。 漢方薬により骨盤内の血行が改善されると子宮筋腫の抑制だけでなく、妊娠しやすい子宮環境を整えることにも役立ちます。

黄体機能不全について

黄体機能不全の病態

黄体からのホルモン分泌不全や子宮内膜のホルモン反応性の低下により子宮内膜が着床にふさわしい状態とならないもの。 黄体ホルモンによって子宮内膜は受精卵が着床しやすい状態になり、着床を維持します。高温期の着床が起こる時期にホルモン検査を行って、黄体ホルモン(プロゲステロン)の値が10ng/mL以下の場合には黄体機能不全と診断されます排卵後、黄体からのプロゲステロン分泌を受け、子宮内膜は着床可能な環境へと変化しますが、この変化が2日以上遅延すると黄体機能不全症となります。

黄体機能不全の症状

基本的に排卵はあるものの、月経不順、着床障害、流産などが起きる場合があります。 不妊症患者の10%程度にみられ、子宮内膜症、高プロラクチン血症、黄体化非破裂卵胞症候群(LUFS)などとの併発もみられます。

【黄体機能不全の特徴】 ・高温相の持続が9日未満 ・低温相と高温相の温度差が0.3℃以下 ・卵胞期(低温相)後期から黄体期(高温相)初期の子宮内膜の厚さが6mm未満 ・高温相中期のプロゲステロン値が10ng/mL以下

黄体機能不全の原因

卵胞期のホルモン分泌低下による卵胞発育不全に続発するものや、排卵前期のLHの分泌低下、子宮内膜のプロゲステロンに対する感受性の低下、また、子宮内膜症、高プロラクチン血症などの併発など、複雑な要因によって引き起こされると考えられています。

黄体機能不全に対する西洋医学での治療法

内服や注射による薬物投与により、黄体ホルモンの補充・刺激、高プロラクチン血症の治療、排卵誘発剤による卵胞発育と排卵促進が行われます。

黄体機能不全に対する漢方での対応

生殖活動の根本を担う「腎」の働きを充実させることが最大のポイントです。腎虚(腎の働きの低下)は、生まれ持っての体質だけでなく、生活の不摂生、精力の消耗過多などからも起こります。また、お血(血のめぐりの停滞)、脾虚(胃腸機能の低下)、肝うつ(ストレスや緊張による気のめぐりの停滞)などの要因がいくつも絡んでいる場合がほとんどです。 漢方薬で全体の調和をはかりながら腎気を高めていき、黄体機能不全の原因が解消されてくると徐々に、基礎体温上にも変化が現れ始め黄体期が安定してきます。黄体機能症が漢方薬で改善されると同時に妊娠環境全体が整うことも期待できます。

黄体機能不全と不妊と漢方

黄体機能不全のようにバランスや腎の力量不足という問題は、カラダ本来の機能を発揮できるように整えることを主体とする漢方の得意とする症状です。 特に多くの要因が絡むものは、それぞれの状況が異なるため、個々の状態に応じた治療が必要になります。 漢方薬で日常の体調も良くなりながら、黄体機能不全も改善され、妊娠維持に成功されるケースがたくさんあります。

子宮形態異常について

子宮形態異常の病態

子宮は、左右のミュラー管が胎生8~15週頃に癒合してできますが、この癒合が正常に行われない場合に先天性の子宮奇形が生じます。子宮形態異常で不妊や流産の原因として問題になるのは中隔子宮や双角子宮などの子宮奇形、子宮筋腫、内膜ポリープ、子宮腔癒着症などですが、とくに問題なく妊娠・出産されるケースも珍しくありません。

子宮形態異常の症状

習慣性流産の15%程度に子宮奇形がみられます。 初期流産率が高いのは中隔子宮で、早産も起こりやすいとされています。中隔子宮は外側から見ると異常はありませんが、内側の子宮内腔を隔てる薄い壁に受精卵が着床する場合には、血流が十分に行き届かず、着床障害で不妊や初期流産の原因になるとされています。 また、子宮を外側から見るとハート型に見え、内側で二つに分かれている双角子宮は、初期の着床は難しくないものの、成長過程で流産の頻度が高くなり、出産時に胎児の胎位・胎勢に異常を生じ、分娩の際に問題になる場合があるとされています。

子宮形態異常の原因

子宮は、左右のミュラー管が胎生8~15週頃に癒合してできますが、この癒合が正常に行われない場合に先天性の子宮奇形が生じます。子宮形態異常で不妊や流産の原因として問題になるのは中隔子宮や双角子宮などの先天性の子宮奇形のほか、子宮筋腫、内膜ポリープ、子宮腔癒着症などがあります。

子宮形態異常に対する西洋医学での治療法

超音波診断やMRIで子宮奇形の種類や程度を診断し、中隔子宮は、腹腔鏡下手術で中腔を切除します。術後、妊娠した場合には、経腟分娩も可能です。 双角子宮は、開腹手術が必要になり、術後の分娩は、帝王切開が優先されます。ただし、子宮奇形があってもすべてが習慣性流産の原因となるわけではないので、既往妊娠の経過から判断されます。

子宮形態異常に対する漢方での対応

漢方の対象となるのは後天的な状態で、かつ形態異常に至る前段階までのものです。 つまり、できてしまったポリープや筋腫、癒着などを排除することではなく、正常な範囲でいかに着床環境を改善するか、ということが漢方の守備範囲となります。漢方では、お血(血の流れの停滞)を改善し、質の良い子宮内膜をつくることが期待できます。

子宮形態異常と不妊と漢方

子宮奇形や形態異常があるからといって、必ずしも妊娠・出産を妨げるとはかぎりません。 漢方薬で子宮の着床環境を改善することにより、正常に妊娠が成立した場合に育ちやすい状態を整えることが可能になります。