卵管の問題(卵管の機能に影響するもの)

卵管閉塞について

卵管閉塞の病態

卵管閉塞とは、何らかの原因で卵管の疎通性が失われ、詰まってしまったものです。左右にある卵管の片側または両側が詰まっている場合や狭くなって通りが悪い場合があります。
卵管は、卵子を捕捉し、精子と卵子の通り道であり、受精の場となり、受精卵の通り道となる妊娠成立のための重要な役割を持っています。卵管の閉鎖や狭窄あるいは周囲の癒着に基づく不妊を卵管因子による不妊といい、不妊患者の約35%にみられるものです。

卵管閉塞の原因と症状

卵管閉塞の原因として、卵管炎による癒着があげられます。
卵管炎は、骨盤内の炎症(骨盤腹膜炎、穿孔性虫垂炎、子宮内膜症、子宮外妊娠)のほか、性感染症であるクラミジア感染による場合もあります。クラミジア感染によって卵管炎を起こしても、自覚症状がないことも多く、癒着して卵管の詰まりに至ることが多いようです。

卵管閉塞に対する西洋医学での治療法

卵管の通過性を回復するために卵管形成術を行い、自然妊娠や人工授精による妊娠を期待する治療法です。手術により通過性が回復しても、妊娠に至るとはかぎりませんので、術後、一定期間様子をみるための時間的余裕があり、自然に近い妊娠を強く望まれる場合に選択されます。
ただし、両側とも つまっている場合やほかにも不妊原因がある場合は、卵管通過を必要としない体外受精や顕微授精を選択することが多くなっています。

卵管閉塞に対する漢方での対応

卵管閉塞は、胞脈(子宮に分布する脈絡)にお血(血液の流れが滞る状態)起こり、気血運行が阻まれたために局部の組織に炎症や癒着が起きていくと考えられています。漢方薬では、お血(血液の流れが滞る状態)、湿熱(細菌感染などによる炎症)、気滞(ストレスなどによる気の停滞)など体質的な原因を改善し通過性を高めることを目標とします。

卵管閉塞と不妊と漢方

卵管閉塞や卵管狭窄など通過性に問題がある場合でも、片側が通っていれば、自然妊娠もしくは人工授精などの一般不妊治療での妊娠を期待することができます。また卵管造影検査を行うと卵管の通りが良くなるため、チャンスは拡大します。 漢方薬による体質改善によって、卵管の通りが良くなり、自然妊娠されるケースも多く、子宮環境の改善により着床においても効果が期待できますので、あきらめずにご相談ください。

ピックアップ障害について

ピックアップ障害の病態

骨盤内の炎症や癒着により、排卵した卵子を卵管内に取り込めない卵巣の機能障害をいいます。卵管の先端にある卵管采が正常に機能せず、 卵子をうまくキャッチできない状態となります。

ピックアップ障害の症状

排卵、基礎体温などには異常なく、特に自覚症状もありません。
ピックアップ障害は、排卵→受精→着床→妊娠という妊娠までのプロセスの中で最初のハードルである「受精」ができない状態です。受精するためには、精子が子宮内を通過して卵管へ進み、排卵した卵子は卵管采から卵管内に取り込まれ、精子と卵子が出会うことが可能となります。ピックアップ障害では、受精のチャンスがないということになります。

ピックアップ障害の原因

子宮内膜症やクラミジア感染などによる卵管炎や卵管周囲の癒着、子宮筋腫による卵巣と卵管采の位置異常などがあります。原因不明の不妊においては、卵管造影検査でも異常がなく、ピックアップ障害の可能性が高いとも考えられています。

ピックアップ障害に対する西洋医学での治療法

ピックアップ障害がはっきりした場合は、一般不妊治療からのステップアップよりも体外受精を行うことも多いようです。ピックアップ障害は、不妊基本検査では発見されにくいため、一定期間の一般不妊治療で妊娠しない場合は、体外受精へ進みます。

ピックアップ障害に対する漢方での対応

骨盤内のお血(血のめぐりの停滞)を改善し、気のめぐりをスムーズにすることによって卵管の通過性を改善し、卵子と精子が出会いやすくなることが期待できます。ストレスなどで気血水の調和が崩れることも要因とされますので、漢方薬によるストレスの緩和効果的です。

ピックアップ障害と不妊と漢方

第一子は希望通りに授かったのにその後妊娠できない場合、タイミング療法や人工授精を一定期間行っても妊娠できない場合、不妊症の基本検査で異常なしの場合など原因が不明の不妊症の場合には、特に骨盤内の気血水のめぐりを整えることは重要です。
薬物治療や体外受精などを行っても、妊娠までのプロセスはどこか1か所でもうまくいかないと成立しません。 漢方薬による体質改善は、副作用の心配もなく、妊娠環境を整えることが期待できます。