よくある質問

不妊症の疑問

病院に行かないと不妊は改善しないのですか?

特に臓器に異常がない・病気ではない場合は、病院に行かなくても不妊は改善するはず!まずは「妊娠しづらい状態」の自分のカラダを「妊娠できるカラダ」に変えていくことが大切です。カラダそのものが健康で「妊娠できる状態」になれば、もともと人間に備わっている生殖機能が正常に働き、自然に妊娠するのです。だから、自分のカラダに少し目を向けてください。「カラダそのものが元気になる方法」=「不妊改善のための方法」でもあるといえます。

子どもができない…私の何が悪いんでしょうか?

「赤ちゃんができない体」には必ず理由があります。それが病気や臓器の異常であれば、病院での治療が必要、でもそうでない場合は、何らかの理由で「妊娠しづらいカラダ」になっているだけ。きちんと生理はきていますか? 食生活や睡眠など生活習慣の乱れはありませんか? パートナーとの関係は良好ですか? 自分では分かりにくいことも、第三者に相談すると見えてくることは沢山あります。「妊娠しづらい」は自分のカラダからのSOSのサインです。結婚生活や仕事など自分のことを見直すチャンスです!「不妊改善」ももちろん大切ですが、「健康なカラダ」を取り戻すこともしっかり考えましょう。

漢方での不妊改善について

漢方で「妊娠できるカラダ」に変われますか?

もちろんです。実はカラダを変えるには漢方が最適! 「妊娠できるカラダ」になるには、妊娠に必要な臓器(子宮・卵巣・腎など)が、きちんと機能できるようにすることが重要です。病気ではないけれど、“ちょっと元気が足りない”カラダを、漢方の力を借りて助けてあげるという感覚でしょうか。早い方ですと、漢方の試飲(一陽館では必ず一度お試しいただいています)の後、5分で血流が良くなって顔色が見違える程明るく変化する方もいらっしゃいます。服用を始めて1ヵ月足らずで50%の方が基礎体温に変化が表れています。また、冷えが改善したり、生理痛が軽減したりとカラダの変化が実感できるので、日頃頑張っている自分のカラダを見つめ直す良い機会になりますよ。

夫の側に問題がある場合は、漢方で方法がありますか?

男性不妊も漢方の得意とする分野です。不妊改善は、できるだけ最短で確実に妊娠~出産を実現していくことが目的ですから、男性にも積極的に取り組んでほしいですね。仕事のストレス、疲労や食事の乱れからくる影響なども含め、総合的に体調を整えることも大切ですので、カウンセリングを通して一緒にお話ししていきます。妊娠~出産のための不妊改善は、漢方服用だけ服用していればいいというものではなく、“生活習慣を整える”ことが何より重要。「パートナーがなかなか理解してくれない…」という方は、まず一度ご相談ください。

不妊治療中でも服用できますか?

体づくりは、不妊治療の状況に関わらず一日でも早く始めることが大切です。
少しでも早く「妊娠しやすい体質」に整えることが、自然であれ、人工的であれ、方法を問わず早く妊娠することにつながるといえます。
通院不妊治療中のかたは、特別に医師からの指示がないかぎり、服用していただくことに問題はありませんが、ご心配な場合は、一陽館薬局までご相談ください。

不妊治療以外のお薬と併用して服用しても大丈夫ですか?

慢性疾患によりお薬を服用されている方は、まずは担当医師に「妊娠すること」自体が病気を悪化させるなどの問題がないかをご確認いただくようおすすめいたします。
数日程度の不調についてお薬を服用される場合など、個別の情況につきましては一陽館薬局へご相談ください。

治療・生活習慣について

一陽館の妊娠率が高いのはどうしてですか?

一番の理由は「個別相談」であること。正確にお客様のカラダの状態を把握し、適切な漢方薬処方と生活改善の実施することで、妊娠までの最短・確実な方法を取れることが高い妊娠率の秘密だと考えています。

一陽館でも妊娠しない場合はありますか?

「ご相談していただいたお客様には全員妊娠していただきたい」というのが一陽館の思いですが、残念ながら以下のように妊娠に至らないケースもあります。

  • 漢方をはじめたものの続かない → 結果が出る前にやめてしまう
  • 自分の価値観のみで判断してしまう → 効率の良い方法を独自で探し求めすぎて、結果遠回りになってしまう
  • 妊娠体制が整わない → 妊娠したいと言いながら、体調や生活環境において良くない状態のままの生活を続けてしまう
  • 女性の妊娠可能期間としてのタイムリミット → 生まれてからの年齢ではなく、身体的に妊娠可能期間を過ぎてしまう

現在のお体の力を基準に妊娠を導く西洋医学に対して、漢方では、現状を起点に妊娠力を高めることにより自然に妊娠しやすい体となります。妊娠という「結果」に至るまでの期間には個人差はございますが、基本的には、コツコツと日々、継続して体づくりをして、「結果」に向かって前進していくものといえます。
ただ、お客さまの環境やご事情が変わられたことで服用を中断や停止された場合や体質に合わない療法などを取り入れられ、結果的に体質改善を妨げてしまう場合など遠回りされたと思われるケースも見られます。「早く」と願うからこそ、冷静な判断が必要でもあります。多くの方が、「体調を整える」ことの重要性・必要性に気付いていないという現実があります。妊娠のためには「まず健康なカラダありき」という基本を知ってもらうため、一陽館でも情報発信をしていきたいと考えています。

病院でホルモン治療を受けていますが、併用できますか?

併用することで相乗効果が期待されるケースも多く見られます。カラダ自体から妊娠しやすいペースを築いていく漢方を一緒に取り入れることで、本来女性が持つカラダの働きをサポートし、より早く妊娠することも期待できます。気軽にご相談ください。

どれくらいの期間で妊娠できますか?

最短では服用を開始してすぐに妊娠、というケースも珍しくはありません。一陽館で妊娠されたケースの3割が漢方服用3ヵ月以内です。服用6ヵ月で5割以上、服用1年で8割以上が妊娠に至っています。2年~5年の体質強化を経てという方もいらっしゃいます。(2010年1月~2011年6月に妊娠報告をいただいた138例の集計結果より)
ただしこのデータは、漢方薬服用のアドバイスを守って継続して服用し、生活改善を実行した方を対象としていますので、「漢方の服用は適当で生活も乱れたまま…」という方は上記のパーセンテージには含まれません。結果を求めるのであれば、結果が出る方法を懸命に追及すべきと考えています。

いくらくらい費用がかかりますか?

費用はお客様の状況によって異なります。漢方薬で整えたい体質項目数、体質改善の程度(根深さ)、不妊治療との相関、お客様が求める改善のペースと、私たちから提案する漢方薬の種類と内容によって予算が決まります。目安としては、妊娠された方の半数が1ヵ月間で3~4万円程度です。カラダを健康にしていきながら妊娠できるという素晴らしい働きを持ちながら、ほかの不妊治療に比べてかなりリーズナブルといえます。

海外への対応について教えてください。

海外からのご注文・ご相談につきましては、現在のところお受けしておりません。

不妊予防について

まだ結婚していないけど、今からできることはありますか?

結婚前の早い段階から自分のカラダの状態をよく知り対処しておけば、不妊改善のための薬代や時間も節約できます。まずは毎月の生理は“良い生理”ですか? 正常な生理は、不快感も違和感も痛みもない、“快適な生理”です。生理前症候群や生理痛など、「母もそうだったから」と諦めていませんか? カラダは一人一人違いますから、あなたのカラダ・あなたの生理を一度見直す必要があります。今の自分のカラダに目を向けることが、将来不妊で悩まない第一歩です。様々なカラダの悩みも一陽館にご相談くださいね!