妊娠の症例

時にイライラが体の働きを妨げる

38才 奈良県

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴5年。
第二子妊娠希望。

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状 生理周期30日前後、子宮内膜症
体調 女性:疲れやすい、イライラしやすい、ストレスが多い、足のむくみ

漢方治療について

骨盤内血行の改善と体力補給に加え、イライラがひどいため、精神的に穏やかにリラックスするよう漢方薬をご案内します。

服用したもの 女性:漢方薬調合3種類

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間

1ヶ月

妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

性格的に神経質でもあるけれど、漢方では体のバランスからイライラしやすい状態があると考えられます。イライラし過ぎると精神的にしんどいだけでなく、身体機能や自律神経にも影響して、本来の体のはたらきを妨げることにもつながります。
心と体が安定して妊娠を受けとめる余裕も必要です。

前ページに戻る