妊娠の症例

夫婦で服用。精子濃度が向上した

36才 東京都

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と顕微授精

患者様について

不妊歴4年

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状 高プロラクチン血症、右卵巣癒着、2009年11月胞状奇胎
体調 女性:手足の冷え、軟便、月経前乳房脹痛、流産、痔、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い
男性:精子が少ない、精子の運動率が低い、疲れている

漢方治療について

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠
男性:桃福宝黒珠

漢方服用後の経過

<1週間目>

桃福宝を飲んでしばらくしたら、冷えがやわらいだ。体があたたかくなりました。
ご主人様も、元気になりました。
ご主人様精子の量が増えた。体も元気。
奥様はストレスひどい。

<1ヶ月目>

体温が上がらないのが心配。
早く妊娠したいので、顕微授精しようかと検討中。

<3ヶ月目>

治療始めた。病院の薬を飲み始めて腰痛ひどい。基礎体温も不安定。体温低い。

<4ヶ月目>

中旬に顕微授精予定。

<5ヶ月目>

月末に採卵。8個胚盤胞。
子宮の状態が良くないため、すべて凍結し2ヶ月後に移植予定。

<6ヶ月目>

妊娠のご報告。

<10ヶ月目>

20週目。順調です。

妊娠までの漢方服用期間 6ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と顕微授精

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る