妊娠の症例

積極的な漢方治療と体外受精

43才 佐賀県

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と体外受精

患者様について

不妊歴2年。
第二子ご希望。検査結果問題なし

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状  
体調 女性:足の冷え、夜中目が覚める、足のむくみ、イライラしやすい、ストレスが多い
男性:精子の数が少ない

漢方治療について

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種
男性:桃福宝黒珠、漢方薬

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

排卵日前後の基礎体温が今までと違いメリハリがある。朝起きるのが楽になった。

<8ヶ月目>

不調なし。気になることや不安なこともなく。基礎体温も安定している。
ご主人様の精子の数が少ない。黒珠と、漢方薬ご案内。

<11ヶ月目>

妊娠のご報告。体外にて判定。
化学流産

<15ヶ月目>

積極的に漢方服用ご希望。漢方薬1種類追加。

<17ヶ月目>

妊娠のご報告。5週目。胎のう確認。出血あり。
安胎薬ご希望。

妊娠までの漢方服用期間 17ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と体外受精

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る