妊娠の症例

温めながら血流を改善していく

38才 東京都

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴不明。
第一子妊娠希望

不妊治療歴 5ヶ月
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理周期30日程度、生理痛、経血に塊あり、高温期に下痢
体調 女性:冷え性、手足のほてり、頻尿、お腹の冷え、下痢

漢方治療について

体の冷えと血行不良の悪循環に入っているといえます。温めながら血流を改善していくことが漢方の目的です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<2ヶ月目>

基礎体温が上昇して、高温期が安定しました。

妊娠までの漢方服用期間 2ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

体の「基礎力」に着目し、漢方治療を始められました。
特に原因がない不妊症は、冷えの改善や体が元気になることが、妊娠のきっかけとなる場合もあります。

前ページに戻る