妊娠の症例

二人目不妊に多い体力(精力)不足

37才 東京都

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方薬3種類

患者様について

不妊歴2年。
二人目妊娠希望。第一子(自然妊娠)6歳

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状 月経周期28~35日、月経血塊あり、月経前情緒不安定、子宮内膜症
体調 女性 疲れやすい、肩こり、腰痛、便秘、手足の冷え

漢方治療について

瘀血(血液の巡りが悪い)の症状として、子宮内膜症や月経血の塊、月経周期延長傾向、冷え性、肩こり、腰痛、などがみられます。
良質な子宮内膜をつくるために、駆瘀血作用をもつ処方を用います。
また、疲れやすい状況があり、二人目不妊に多い体力(精力)の不足と、さらに年齢的な卵巣機能の衰えを助けることも考慮して補腎薬を活用します。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

お客さまより:飲み始めてすぐに疲れにくくなり、体調が良くなりました。 一陽館より:順調ですので、引き続きご様子をみていただきます。

<3ヶ月目>

お客さまより:排卵時期に微量の出血があり、心配になりました。
一陽館より:排卵が遅れているようですね。暑くなってきて、体内の潤いが不足し、血流が滞りやすくなり排卵も滞っていることが考えられます。こまめな水分補給をしていきましょう。

<9ヶ月目>

お客さまより:最近、便秘と下痢を繰り返しています。
経血はドロッとした感じがなくなり、色も鮮やかになってきました。今回の月経は、終わりのキレが悪くダラダラと続きました。
一陽館より:全体の体調としては良くなっているようですが、体の冷えから生理のキレが悪くなっているのではないでしょうか。お忙しい時期とのことですので、自律神経が不安定になりやすい状況も考えられますので、温かくしてリラックスするよう心がけましょう。

<12ヶ月目>

お客さまより:何かと行事が多く、ストレスを感じています。せっかく少しずつ良くなったと思っていたのに、月経周期が乱れ、睡眠不足で疲れがたまっています。
一陽館より:桃福宝から、漢方処方に切り替えます。桃福宝は、一定の妊娠条件を整えますが、個人の生活状況による影響などで、体調が不安定になるかたの場合は、都度調整し体調に合わせていくほうが適していることがあります。
妊娠に向けての体づくりの最終段階とご理解ください。

<13ヶ月目>

お客さまより:妊娠検査薬で陽性反応とのご連絡。自然妊娠。

妊娠までの漢方服用期間

13ヶ月

妊娠時にしていた治療内容 漢方薬3種類

その他(備考・特記事項など)

仕事と育児にと忙しい方です。 妊娠後は安胎処方の服用を開始しましたが、もともと肩こりがひどく、漢方を始めてから楽になっていたが、妊娠中に肩こりがひどくなるのが心配とのこと。
9週頃から貧血、つわりもひどく、つわり用に漢方薬を服用。
安定期といわれる時期に入ってからの出血。胎盤の状態に不安があるとのこと。
医師より安静の指示があり、仕事を休むと同時に体力を補い、子宮を支えるよう補気薬を服用。
後期に入ると、低血圧、貧血、めまいがひどいため、血を補う漢方薬を1種類追加し服用。
出産時まで、血液や体力を補いながら体を温める処方を服用。
また、産後の体力の回復に加え、授乳に必要な血液や体力も補う漢方薬を継続して服用されました。

前ページに戻る