妊娠の症例

子宮環境を整え1回の移植で妊娠

34才 兵庫県

治療経歴=人工授精、顕微授精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と顕微授精

患者様について

不妊歴2年。
移植にむけてのお体づくりのためご来店。

不妊治療歴 あり
治療内容 人工授精3回、顕微授精1回
婦人科系の症状 特になし
体調 女性 足の冷え、頻尿、貧血、落ち込みやすい、ストレスが多い

漢方治療について

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<3ヶ月目>

移植日決定のご連絡。
ホルモン値が半分に下がっていたため移植延期のご連絡。ショックなご様子。
ここ数ヶ月いろいろ考えることが多くて疲れている。ストレスもあるとのこと。

<5ヶ月目>

本日移植しました。病院の薬と漢方薬併用ご希望。
妊娠のご報告。安胎薬ご希望。

<7ヶ月目>

体調よく、順調。漢方薬の服用終了。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と顕微授精

その他(備考・特記事項など)

移植日が延期になるなど、精神的に落ち込まれることもありましたが、しっかりと漢方を服用することにより、子宮環境を整え1回の移植で妊娠することができたと思います。

前ページに戻る