妊娠の症例

漢方治療と凍結精子での体外受精

39才 香川県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と体外受精

患者様について

タイミング療法3ヶ月の後で、男性側に妊活とは直接関係のない領域に病気が見つかり、凍結精子による体外受精での妊娠を目指すことになりました。

不妊治療歴 約3ヶ月
治療内容 タイミング療法3ヶ月
婦人科系の症状 生理不順、生理痛、双角子宮、子宮小さい、子宮前屈、時々無排卵、生理前に穿針痛が4~5日続いたり、吐き気がしたりする
体調 女性:疲れやすい、軟便になりやすい、イライラしやすい、ストレスが多い、月経前乳房が張る

漢方治療について

体外受精での妊娠を進める場合には、採卵・移植・着床という3段階でのアプローチを考えていきます。
卵の育ち、着床しやすい子宮環境、妊娠維持などその時々で必要な働きに注目して体質に応じて必要な漢方薬をご提案します。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬調合1種類、その他漢方薬2種類

漢方服用後の経過

<3ヶ月目>

精神的な浮き沈みが激しく、不安でなかなか治療に向かうことができません。
1ヶ月間、病院のことや先のことを考えずに、心と体の休養をとることにしました。

<5ヶ月目>

久しぶりに基礎体温を計ると以前に比べて安定しています。
体外受精に向けて通院を始めました。

<9ヶ月目>

採卵スケジュールが決まり、漢方薬では緊張をほぐす処方で臨みます。結果は採取した4個中、2個の胚盤胞が得られました。

<12ヶ月目>

妊娠判定陽性が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 12ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と体外受精

その他(備考・特記事項など)

緊張しやすい体質やストレスが多い状況には、心を支えることで治療成果が上がる場合があります。
カウンセリングは、一人で抱え込みがちな本音を打ち明けていただく場でもあります。

前ページに戻る