妊娠の症例

瘀血が卵巣嚢腫を生み排卵を障害

30才 兵庫県

治療経歴=ホルモン療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴5年

不妊治療歴 約1年
治療内容 ホルモン療法
婦人科系の症状 卵巣嚢腫(5年前に右卵巣手術、今年左に再発が確認された)、排卵不定期、生理痛がひどい、経血に塊多い。
体調 女性:疲れやすい、足の冷え、便秘、アトピー、腰痛、胃もたれ、眠りが浅い

漢方治療について

女性側の生理を整えることが必要です。体質的な「瘀血」が卵巣嚢腫を生み、その卵巣嚢腫のため排卵しづらく、また、子宮への血液循環も悪いので生理が来ても生理痛がひどく、経血の質も良くない状態が続いています。
このケースでは、この「瘀血」が不妊の最大の要因と考えられますので、妊娠に向けての体づくりではこれを重視します。
「瘀血」は、血液を汚したり、体を冷やしたりする食べ物や食事を続けていると、ひどくなってきますので、漢方薬の服用だけでなく、食養生にしっかりと取り組んでいただくことが必要です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠
男性:桃福宝黒珠

漢方服用後の経過

<8ヶ月目>

自然妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 8ヶ月目
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る