妊娠の症例

疲労回復と精神的ストレスの軽減

34才 -

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴5年。
第二子希望(第一子は自然妊娠)。仕事が忙しく、通院の時間がとれないため、漢方で体調を整えて妊娠を目指したいとのご相談。

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状  
体調 女性:疲れやすい、冷え性(手足)、頭痛、肩こり、腰痛、落ち込みやすい、ストレスが多い

漢方治療について

婦人科系疾患もなく、体質的にも問題はなさそうですが、仕事が忙しくいつも疲れていることとストレスを抱え込みやすく一人で思い悩むタイプであることが気になります。
疲労回復と精神的なストレスの軽減が漢方治療の中心となると考えられます。

服用したもの 女性:桃福宝 赤珠・黒珠、漢方薬調合1種類、婦宝当帰膠

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

本当に自分が妊娠できるのか自信がない、とのご様子です。
基礎体温や月経周期には大きな乱れはありませんが、仕事のスケジュールを意識して焦っています。

<3ヶ月目>

生理が来たら激しく落ち込んでしまいます。
カウンセリングを経て「また1ヶ月頑張ります」と笑顔が戻ります。

<4ヶ月目>

仕事の都合、今周期に妊娠できなかったら体制に影響が出る、と大変あせっているご様子です。
落ち着いて、おおらかな気持ちで前を向くことを確認します。

<5ヶ月目>

妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

心と体が元気になることは、簡単なようですが実際はとても難しいことです。 女性が責任をもって社会で活躍しながら妊娠を実現するためには、様々な状況をクリアしなければなりません。
カウンセリングで心を癒し、漢方薬で体を支えながら、妊娠への取り組みをサポートしたいと考えています。

前ページに戻る