妊娠の症例

新たな生命を育むための体力を

41才 大阪府

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方と顕微授精

患者様について

不妊歴6ヶ月。
結婚すれば普通に妊娠できるだろうと思っていたが、思ったように妊娠しないので焦っています。介護職で勤務時間も不規則で体力の限界を超えて働いてきました。

不妊治療歴 なし
治療内容  
婦人科系の症状 生理不順
体調 女性:疲れやすい、胃もたれ、足のむくみ、花粉症、肩こり、腰痛、爪が割れる、手足の冷え

漢方治療について

医学的な不妊原因もなく、健康なはずなのに疲れ切っているご様子。
年齢的な条件を考慮し不妊治療を進めることも大切だが、落ち着いてまずは検査を受けて、状況を確認し、元気になることが大事です。
自分自身の体を維持する体力で精いっぱいでは、新たな生命を育む余裕がありません。
漢方の服用とともに、仕事の調整や日常生活の工夫について検討していただくことが最優先課題です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類
男性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<4ヶ月目>

仕事を退職し、妊活に専念するとのこと。
専門病院にて、不妊の検査を受け始めたとのこと。
漢方薬は、さらに2種類を追加。

<10ヶ月目>

肩こりや冷えなどは気にならなくなって、体調は良い。
今周期、妊娠検査薬でうっすらと陽性がみられたのですが、その後生理がきました。
妊娠できる体になってきたと自信がついたので、体外受精にトライします。

<12ヶ月目>

採卵結果、19個採取し受精は5個、うち移植に至ったのは1個でしたが、結果は陰性。 卵巣が腫れて、生理が来ても基礎体温が下がらないので不安。
漢方薬は、ホルモンバランスを整えることと、採卵による体への負担を回復する目的で処方調整。

<13ヶ月目>

採卵方法変更し、採卵し、顕微授精に。結果、胚盤胞4個を凍結。
卵巣が腫れているので移植は次周期へ。
漢方薬は、移植に向けて子宮内膜を補い、定着の強化をはかります。

<15ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 15ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方と顕微授精

その他(備考・特記事項など)

素早い決断と行動力、そしてアドバイスに耳を傾けることができる、とても素直なお人柄が着実な妊娠へと進まれたのだと思います。

前ページに戻る