妊娠の症例

胃腸虚弱ならヨーグルトは不向き

36才 奈良県

治療経歴=タイミング療法、漢方治療

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴2年8ヶ月。
二人目妊娠希望

不妊治療歴 約1年
治療内容 タイミング療法、漢方治療
婦人科系の症状 月経周期24~35日、生理痛
体調 女性:疲れやすい、カゼをひきやすい、めまい、花粉症、朝起きづらい、午前中しんどい、頻尿、足のむくみ、胃痛、下痢、足とお腹まわりの冷え、気分が沈みやすい

漢方治療について

基本的に毎日軟便で、下痢をしやすいということでしたが、もともと胃腸虚弱でありながら、腸内環境を良くする目的で食べていたヨーグルトをやめるようアドバイスしました。これまで服用されていた漢方薬もいったん服用停止し、胃腸虚弱の体質改善を最優先に処方しました。

服用したもの 女性:漢方薬3種類

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

下痢がなくなり、快便です。疲れやすさや体力不足も少しずつ良くなり、午前中も元気になった気がしています。

<2ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 2ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方とタイミング

その他(備考・特記事項など)

妊娠を迎え、守り育てる母体が元気であることは何よりも大切だと思います。
このかたのように不妊症ではないはずなのに、体質的に不妊の状態をつくっている場合には、不妊治療も効果的ではないことがあります。
体力がない方の場合には、妊娠中のトラブルも起こりやすい傾向にあるので、無理をしないよう心がけながら、よい出産に向けても漢方を活用していただきたいと思います。

前ページに戻る