妊娠の症例

胃腸の働きが安定すると体力もUP

39才 奈良県

治療経歴=タイミング療法、人工授精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊治療歴 1年半
治療内容 タイミング療法4周期、人工授精5回
婦人科系の症状 生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症
体調 女性:疲れやすい、冷えのぼせ、貧血、やせ、アトピー、胃腸虚弱、便秘、下痢、胃部膨満感、寝つきが悪い、眠りが浅い
男性:運動率が低い(30%台)

漢方治療について

幼いころからの虚弱体質とアトピー性皮膚炎により体調が不安定で、胃腸虚弱のため食欲不振があり、便秘がひどいかと思えば下痢が続くという日々です。
漢方では、胃腸の働きが安定することが体力を高め、さらに漢方薬の吸収がよくなり治療効率が良くなることを意味します。

服用したもの 女性:漢方薬調合3種類
男性:漢方薬調合

漢方服用後の経過

<3ヶ月目>

アトピー性皮膚炎が治まり、下痢をすることも少なくなりましたが、便秘でお腹がはりやすい状態が続いています。
夜は十分に眠れず、元気がありません。
血液不足、栄養不足、気力不足が目立ちますので、継続して補っていきます。

<8ヶ月目>

季節の変わり目の生理をきっかけに体調を崩し、体の冷えが強く下痢が続いています。
久しぶりに生理痛もありました。
気温変化に対応するにも生理を起こすにも多くのエネルギーを必要としますが、まだ十分とはいえず、漢方では気血を補うことが大切です。

<16ヶ月目>

12ヶ月目から、病院で治療を受けた方がいいのではないか、と思い不妊治療を再開されましたが、アトピー性皮膚炎が再燃し、さらにクロミッドを服用したら卵巣が腫れてしまいました。さらに治療の継続を選択されましたが、頭痛、めまい、吐き気が続き体調を崩してしまいました。
不妊治療を継続するほど体調が悪い日が増え、4周期での治療休止となりました。
あらためて、漢方では、ホルモンバランスを整えたり、体力を補ったりして体調を回復することとなりました。

<20ヶ月目>

眠れない、食べられない、と不調スパイラルに入ってしまいました。
こまめにカウンセリングを重ね、体調変化に応じて漢方薬の調整を重ねていきます。

<22ヶ月目>

体の冷えが強く、便通があるものの腹部膨満感があり、食事をおいしく摂ることができません。気分もふさぎ込むことが多く、精神面でも不安定です。
ストレスが強くなり、不調をきたしているようです。
漢方では、ストレスを和らげ、気の巡りをスムーズにする対策をしていきます。

<26ヶ月目>

体外受精をすることを希望され、通院を再開されました。
これまでの経緯から、最小限の投薬で実施される方法を慎重に検討されました。
漢方薬も採卵に向けての内容にて対応していくことにしました。

<28ヶ月目>

初回の採卵で、4個採取され1個受精、移植しましたが、判定は陰性でした。
結果を受けて、心身の疲れが大きく、不眠症状と食欲不振が続きます。
自発排卵が遅れ、生理周期が大きく乱れました。 気力と体力の回復に向けて、カウンセリングと処方の調整を重ねます。

<33ヶ月目>

ここ2周期は生理が30日周期で来ています。
胃腸の調子は良いとはいえませんが、吐き気や痛みは起こらなくなりました。
自分には西洋医学的な治療には無理があり、長くかかっても漢方で元気になりたいと考えるようになりました。

<42ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 42ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

体力がなく、日ごろの体調も不安定な場合は、不妊治療が負担になってしまうこともあります。その人に合った妊活こそが、結果につながるものになると考えられます。
あせらず、元気な体をつくることも大切な妊活のひとつであるといえます。

前ページに戻る