妊娠の症例

投薬治療で基礎体温がガタガタに

35才 奈良県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴1年。
不妊専門クリニックを受診し、薬を飲み始めたら体調が悪く、基礎体温がガタガタに乱れてきて不安になり、その段階で初めて、自分に不妊治療が始まっていたことを知る。
漢方で体調を回復し、妊娠力を高めたいとのご相談。

不妊治療歴 約6ヶ月
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理周期32日、経血に塊あり、経血がどす黒い
体調 女性:足の冷え、肩こり

漢方治療について

妊娠力の基本は、体調や心の状態も含めて生理が順調であること。
漢方で生理を整えるには、「腎」(ホルモン分泌の要)、「肝」(バランス調整の要)、「脾」(造血の要)の各臓腑の働きを整えます。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

体調は良好です。気分的にもリラックスしています。
服用後、初めての生理がきました。経血の色が明るくなって、塊もほとんどありません。

<4ヶ月目>

妊娠のご連絡。
黒珠玉と漢方薬1種類で妊娠中の体調維持。

妊娠までの漢方服用期間 4ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る