妊娠の症例

卵管狭窄や頭痛も「瘀血」の症状

38才 新潟県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴5年。
2人目不妊、第一子は5歳。

不妊治療歴 約2ヶ月
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 卵管狭窄、AMH低値、排卵障害、生理不順(生理周期20日~45日)
体調 女性:足の冷え、夜間尿、むくみ、頭痛、肩こり、腰痛
男性:精子の数が少ない

漢方治療について

卵管狭窄や冷え、頭痛など漢方的には「瘀血」の症状がみられ、また低AMH値ということから卵巣機能も衰退が考えられますので、これらの基本的な妊娠力を整えることが必要です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

この1ヶ月で基礎体温が安定してきました。
冷え対策に漢方薬1種類追加。

<3ヶ月目>

基礎体温は順調に改善がみられます。

<5ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る