妊娠の症例

ストレス緩和で気の巡りを整える

40才  奈良県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴2年。
年齢を考慮して体外受精へステップアップをすすめられたが、体外受精をする前に体調を整えたいとのご相談です。

不妊治療歴 約1年
治療内容 タイミング療法12ヶ月
婦人科系の症状 生理不順、生理痛、経血に塊あり
体調 女性:疲れやすい、冷え性(手足)、肩こり、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い

漢方治療について

一定期間以上の不妊治療で結果が出ず、精神的に自信をなくされているご様子で、体調とともに心の回復も大切です。妊娠に向けて必要な体質改善に加え、精神的なストレスを和らげ気のめぐりを整える漢方処方を追加しています。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬調合1種類

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

初回の漢方相談で気持ちが楽になり、いったん不妊治療を休止することにしました。通院のストレスがなくなったことで、イライラすることもなくなりました。

<4ヶ月目>

基礎体温のガタガタがなくなり、高温期の日数が増えました。
これまでは排卵日がわかりづらく、どこから高温期かはっきりしなかったのですが、改善された実感が持てます。

<7ヶ月目>

妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間 7ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

血行が良くなったり、疲れやストレスの軽減など、大がかりな体質改善ではなくても日常の体調が良くなったことが妊娠のきっかけになるケースがあります。
不調の解消が妊娠に向けての第一歩です。

前ページに戻る