妊娠の症例

夫婦で体力の回復と維持を目指す

39才 神奈川県

治療経歴=タイミング療法、人工授精、体外受精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴3年。
これまでの漢方治療で効果が感じられず、ご相談。
不妊治療を休んで、体を立て直したいとのこと。

不妊治療歴

約2年

治療内容 タイミング療法3ヶ月、人工授精6回、体外受精2回
婦人科系の症状 特になし
体調 女性:おなか・腰・下半身の冷え、軟便、夜間尿、肩こり、首のこり、腰痛、疲れやすい、風邪をひきやすい、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い
男性:その時により精子の運動率に変動が大きい

漢方治療について

体の疲れや風邪をひきやすいなど、体力の低下が慢性化しており、肩こり腰痛や下半身の冷えや血行不良などにもつながっていると考えられます。まずは、全体の体力不足を補い、本来の妊娠力が発揮できる体調に整えることが大切です。
男性の検査値にばらつきがあるのは、まさにその時点での疲労やストレスの反映と考えられますので、安定して体力を維持できるよう補うことが必要です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠
男性:排卵期のみ黒珠服用

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

1ヶ月目から基礎体温が安定してきたと感じています。

<5ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 5ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る