妊娠の症例

断乳前から妊娠に向けた体づくり

39才 埼玉県

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴(来店時の年数。避妊期間があると婚姻期間と一致されない場合も)
三人目妊娠希望。第一子は、タイミング療法で授かり、第二子は、産後間もなく授かる。
第二子出産後、月経は再開していないが、年齢と子宮筋腫への配慮から、漢方で体調を整えたいとご相談。

不妊治療歴 今回は、なし
治療内容  
婦人科系の症状

子宮筋腫4センチ、高プロラクチン血症

体調

女性:足の冷え、夜間尿、生理前乳房脹痛、風邪をひきやすい、痔、肩こり、腰痛、イライラしやすい

漢方治療について

まだ完全に断乳されていない状態からの体づくりです。前回の妊娠出産で消耗した体力を十分に回復する期間がないままで次の妊娠出産、そして授乳期と続いており、血液や栄養が不足しやすい傾向が考えられます。また体力的にもできるだけ早く回復を助けていくことが、次の妊娠を迎えるには大切なことです。

服用したもの 女性:漢方薬調合2種類

漢方服用後の経過

<2ヶ月目>

断乳しました。生理は再開していません。
痩せてしまったので、疲れやすく、寝不足も続いています。

<4ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間

4ヶ月

妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ。

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る