妊娠の症例

3年間の治療後、漢方のみで妊娠

36才 青森県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴5年。
ご主人は、不妊治療に反対だが、奥様は妊娠できるかどうかが不安。
遠方のため、当初の1年間は、通院治療と併用して、漢方相談のご希望もないままに桃福宝を服用されていましたが、2年目からは漢方のみで妊娠を目指すことになり、ご夫婦間の違和感がなくなりました。

不妊治療歴 約3年
治療内容

不妊治療は数ヶ月行っては数ヶ月休むペース。
タイミング療法

婦人科系の症状 子宮筋腫、高プロラクチン血症、経血に塊多い、生理痛。
体調 女性:手足の冷え、便秘、円形脱毛症

漢方治療について

医学的な不妊の検査をひと通り受けられていますが、子宮筋腫、プロラクチン値、卵管造影などは、漢方のみで体質改善とはいっても、定期的に受診し確認することをおすすめします。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠

漢方服用後の経過

<12ヶ月目>

桃福宝赤珠・黒珠を服用しているが、体調にあまり変化がないとのご相談。
補血作用のある漢方薬1種類を追加して様子をみる。
漢方薬を1年服用しても妊娠しないので、不妊治療を再開しようかと考えている。

<16ヶ月目>

病院での検査は特に問題なし。
基礎体温でみる排卵日と実際の排卵のタイミングが合っていない、カバサールを飲んでいるがプロラクチン値が改善しない。
病院でのタイミング療法を継続する。

<18ヶ月目>

通院をやめる。
基礎体温の乱れが大きくなって、生理周期が不安定になり、生理が始まっても体温が下がらないので不安になる。
漢方薬で高プロラクチン対策、生理周期の安定などの目的で漢方薬調合2種類を追加する。

<22ヶ月目>

経血の量が増え、経血の塊も減った。
オリモノも自覚できるようになった。
基礎体温が安定してきた。

<46ヶ月目>

自然妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間

46ヶ月目

妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

自然妊娠を希望する男性と、妊娠力に不安をもつ女性。
様々な葛藤を繰り返しながらの自然妊娠となりました。

前ページに戻る