妊娠の症例

冷えの解消で月経痛も軽くなる

41才 奈良県

治療経歴=タイミング療法、人工授精

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴6年。
第一子希望。セキソビット、クロミフェン、ルトラール等を服用しましたが、全身のむくみがひどく、身体のだるさと精神的な苦痛により、治療を断念し、漢方薬で体づくりをしたいとのご相談です。

不妊治療歴 約1年
治療内容 タイミング療法3ヶ月、人工授精4回
婦人科系の症状 生理痛、経血に塊あり、子宮筋腫、子宮内膜症、黄体機能不全、月経前に乳房腫痛、オリモノの量が多い
体調 女性:貧血、冷え性(足)、頭痛、肩こり、爪が割れる、軟便になりやすい、寝汗、頻尿、お腹の冷え、足のむくみ
男性:精子の運動率が低い

漢方治療について

「瘀血」「冷え」「気虚」という妊娠に必要な三大要素の不足と年齢的な体調変化に注目して漢方薬のご案内をします。気血の巡りが悪く血行不良から婦人科系疾患や体の冷えを引き起こしていると考えられます。
また男性は、ストレスの影響が精子の状態に反映されており、精神的にリラックスして本来の体力を回復することが大切です。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類

漢方服用後の経過

<2ヶ月目>

体の冷えがましになったせいか、生理痛が軽くなりました。
お腹をこわすこともなくなりました。
甘いものを食べ過ぎないように気を付けています。
手荒れが改善されてきれいになってうれしいです。

<11ヶ月目>

自然妊娠が確認されました。

妊娠までの漢方服用期間

11ヶ月

妊娠時にしていた治療内容

漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

妊娠は基本的にご夫婦の協力があって実現されるという点から、男女で体調を整えられることは、スムーズな妊娠にとって効果的であると考えられます。

前ページに戻る