妊娠の症例

瘀血は子宮内膜の劣化のもとに

31才 埼玉県

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ。

患者様について

不妊歴2年6ヶ月
納得できないまま不妊治療を続ける中で、生理の状態を改善する必要性を感じて、漢方治療を希望されました。

不妊治療歴 約1年
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 左卵管閉塞、AMH低値、生理周期26日~30日、生理痛ひどい、月経血塊あり、経血量少ない
体調

女性:おなかが冷える、手足のむくみ、頭痛、疲れやすい、貧血、めまい、花粉症、軟便、イライラしやすい
男性:精子の運動率が低い

漢方治療について

妊娠の実現と維持に必要な子宮環境を推察するために、最も有力な情報となるのが月経の状態。生理痛があったり、経血がドロッとして黒ずんでいたり、血塊が混じっていたりするのは、赤ちゃんにとっても、本来の良質な血液を通しての栄養が届きにくい状況ともいえます。このような「瘀血」が卵管のつまりのもととなり、子宮内膜の劣化のもととなっていくと考えられますので、この瘀血体質を改善することが漢方治療の目標です。
また、男性側の精子の運動率は、ご本人の元気さの表れともいえます。漢方では気力を補い、体力維持の力を高めていきます。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類
男性:桃福宝黒珠

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

もともと2相だった基礎体温が、ホルモン治療以降高温のままで生理が来ても下がらなくなり不安。漢方で体調を整えホルモンバランスを回復したい。
男性は、桃福宝黒珠を服用し始めてすぐに、疲れにくくなったと効果を実感している。
夫婦で服用して、自然でも妊娠できるように整えたい。

<2ヶ月目>

月経血の塊が少なくなり、全体の経血量も増えました。

<3ヶ月目>

妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 3ヶ月
妊娠時にしていた治療内容

漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

前ページに戻る