妊娠の症例

長くて不規則な生理周期が、安定

34才 大阪府

治療経歴=タイミング療法

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴3年。
病院の採血で、卵巣機能が40歳くらいと言われました。
多嚢胞性卵巣の疑いがあると言われました。

不妊治療歴 約2~3ヶ月
治療内容 タイミング療法
婦人科系の症状 生理周期33日
体調 女性 流産1回、疲れやすい、肩こり、ストレスが多い、のぼせ、頭痛、手足のほてり、のどの渇き

漢方治療について

慢性的な睡眠不足、疲労感、のどの渇きなどから、生命力を生み出す「腎」の働きが弱い特徴がみられ、それが原因となって、体が渇き、余剰な熱がこもり、のぼせを誘発しています。
特定されるような不妊原因がないにもかかわらず、腎からのエネルギー不足と、潤い不足からの血液の粘性から、卵巣機能も子宮環境も少しずつの機能不良が重なって、妊娠に至りにくいのではないかと考えられます。
このような粘滞の体質がPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の一般的な原因としても挙げられます。

服用したもの

女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類
男性:黒珠

漢方服用後の経過

<7ヶ月目>

これまで長くて不規則だった生理周期が、安定してきました。
排卵日は周期20日目頃が続くようになっています。
高温期がまだ10~12日ほどと短めなのは、黒珠の飲み忘れが多いことも要因と考えられるので、できるだけ毎日服用することが大切。

<12ヶ月目>

生理周期30日に整ってきました。排卵日も安定しています。
生理痛もなく、きれいなサラサラした経血になっています。
ご主人も黒珠服用開始。
実は、途中で2ヶ月ほど病院へ行ってみたのですが、注射が痛くてイヤになってやめました。漢方一本で頑張ります。

<13ヶ月目>

漢方薬を追加するかどうかのご相談。
これまでお電話でいろんな事をお伺いしていますが、一度薬局へお越しになりませんか、とお声かけ。
漢方薬1種類追加。
漢方薬を1種類追加して1周期で、体調が大きく変わる実感。
周期は28日、14日目に排卵検査薬(+)、ほんの一時期病院へ行ってから急に生理の期間が3日になり、経血量も少なくなって、回復をあきらめかけていたのですが、今回の生理が来て、希望がわいてきました。

<14ヶ月目>

妊娠検査薬陽性のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 14ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

看護師の仕事を休むことができず、妊娠確認後も下痢が続き、継続して勤務時間が長くなると毎回腹痛が起こりました。
心拍確認後にも疲れると微量の出血が起こり、漢方薬を手放せない日々が続きました。
妊娠中も体力を補い、疲労回復を助け、血液量や栄養吸収を高めて、赤ちゃんの発育とお母さんのカラダを支える目的で安胎処方を続けられ、無事ご出産になりました。

前ページに戻る