妊娠の症例

良質な子宮内膜を育て精力を補う

42才 東京都

治療経歴=なし

漢方服用で妊娠

妊娠時の治療内容=漢方のみ

患者様について

不妊歴9ヶ月。
基礎体温が全体に低く、二相にもならず、妊娠できないのではないかと考えてのご相談。

不妊治療歴 なし
婦人科系の症状 月経周期は40歳ころから短くなってきている(28日~21日)。月経前症候群。
体調 女性:疲れやすい、ストレスが多い、首筋のコリ、肩こり、腰痛、腰まわりの冷え。
男性:神経質、疲れがとれない、ストレスをため込みやすい。

漢方治療について

初回からご夫婦での服用を希望され、不妊治療は考えていないとのことでした。
夫婦ともに健康面の不安はないが、年齢を考えて、精一杯の妊活をしたいと、ご夫婦で服用することにされました。 女性側には、妊娠のための必要条件である良質な子宮内膜と、年齢的な体力低下や内臓機能の衰えを補うことを目的に、男性側には体力の回復を助け、精力を補う目的で漢方薬を服用されました。

服用したもの 女性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類
男性:桃福宝赤珠・黒珠、漢方薬1種類

漢方服用後の経過

<1ヶ月目>

お客さまより:奥様の基礎体温が全体的に上がってきて、冷えを感じにくくなってきたとのこと。
35度台の日がなくなりました。
ご主人も疲れにくくなって、調子がいいとのこと。

<12ヶ月目>

お客さまより:自然妊娠のご連絡。

妊娠までの漢方服用期間 12ヶ月
妊娠時にしていた治療内容 漢方のみ

その他(備考・特記事項など)

妊娠のご連絡後は、安胎処方服用開始。
妊娠中の体調も安定されていたので、安胎処方も最小限でご様子をみていただきました。
妊娠する時点で、無事に出産までたどり着けるように体調を整えていると安心です。

前ページに戻る